日焼け後のケア方法解説サイト - 美白・保湿・シミ対策 -

日焼けをした後のケアが重要

夏になると気になるのが日焼けですね。夏休みなど、外に出る機会も増えると、日に焼ける機会も自然と増えてしまいます。紫外線は肌に悪影響を与えます。海、プール、バーベキュー、キャンプなど屋外でのレジャーなどを楽しむ場合には、まずは日に焼けない工夫をしなければいけません。日焼けをしないために、あなたはどんなことをしていますか。日焼け止めを塗る人もいるでしょう。帽子をかぶることはまず手っ取り早い方法ですね。日傘を使うこともそうです。また最近はUVカット使用の服なども販売されていますから、利用するといいでしょう。

 

しかし言えることは、100%紫外線をカットすることはできないと言う事です。日差しを避けたとしても、知らず知らずのうちに紫外線を浴びているのです。ですから、日焼けをしない工夫と共に、紫外線を浴びた後のケアが大変重要になるのです。もし少しでも日焼けしてしまったと思ったら、直ぐにでもお肌のケアをしましょう。肌は紫外線で大きなダメージを受けているのです。一刻も早くケアすることがポイントとなります。では具体的な日焼け後のケアのしかたを紹介しましょう。

 

○まずは肌を冷やすこと・・・日焼けした肌は大変乾燥しています。軽い火傷状態と言っていいでしょう。ですから一刻も早く冷やすことです。水分を含んだ冷たいタオルをあてます。保冷剤をタオルにくるんで冷やすのもいいでしょう。まずは肌のほてりを冷ますことが大事です。

 

○水分補給・・・肌は乾燥していますから、水分補給をします。注意したいのは、洗顔したり、体を洗ったりするときにはこすらないことです。日焼け後の肌は大変ダメージを受けて、敏感になっています。やさしく扱いましょう。
洗顔の後は、保湿効果の高い化粧水をたっぷりとつけます。肌に潤いを与えます。できれば肌に優しい洗顔料と、保湿剤を使うようにしましょう。

 

○保湿・・・乾燥した肌には保湿が必要です。水分をたっぷり含ませた後は、低刺激のクリームやオイルなどを使って保湿します。
このような一連のケアが日焼けには大変重要であり、必要なのです。

 

あごにニキビがよくできるという方の場合、顎ニキビ用化粧品などで十分に保湿してあげることも効果的です。

体の内側からする日焼け後ケアも必要です

日焼けは美肌の大敵と言われています。日焼けをすると肌には相当なダメージを受けるものです。紫外線から肌を守る工夫をしてもそれは完全ではありません。太陽の下で行動した後には、必ずケアをすることが少しでも美肌を守る対策になるのです。日焼け後のケアは何も外側からだけではありません。体の内側からもケアすることができるのです。

 

日焼け後の状態は、もちろん皮膚は乾燥しています。表面がほてっていることを実感できるでしょう。これは体の内側でも同じことで、まずはそのほてった体を冷やして、熱を落ち着かせることが大切です。肌のためにも

 

体の内側からできるケアとして、まず水分補給をしましょう。冷たい水をたっぷり飲むことで、体の内側から体を一気に冷やすことができます。このように体内へ水分を補給することで、体の乾燥状態をなくして潤すことができるのです。特に
ミネラルウォーターやスポーツドリンクなどを飲むことが素早い回復になるようです。そして次に行うのがビタミン補給です。日焼けして
紫外線を浴びると、体内でメラニン色素が生成されます。このメラニンがしみやそばかすの原因になるのです。肌に大変悪い物質と言えます。

 

そこで、ビタミンCを摂ることで、メラニン色素が作られるのを抑えることをします。ビタミンCはまた、保水力を回復する効果もあるのです。日焼けした後には、ビタミンCが豊富なオレンジやグレープフルーツなどの柑橘類、キウイ、アセロラ、緑黄色野菜などを食べるといいでしょう。またビタミンCと同時にビタミンEを共に摂ることをおススメします。なぜならビタミンEには肌の新陳代謝を促進する効果があるからです。魚、アボカド、モロヘイヤ、ナッツ類などビタミンEが豊富に含まれていますから積極的に食べるといいでしょう。

 

この他に、ビタミンAに美肌再生効果がありますから合わせて摂ると良いでしょう。にんじん、小松菜などの緑黄色野菜、レバー、うなぎなどに豊富に含まれています。このような栄養素を補給をすることで、日焼けによる肌のダメージからの回復を早めることができるのです。では逆に肌ケアに悪い食物とは何でしょうか。それはアルコール、カフェインなどです。これらは水分ですが、利尿作用が強く、逆に
水分を対外へ排出してしまいます。日焼け後に必要な水分を体から奪ってしまうことになりますから十分に注意しましょう。

サプリメントで日焼け後の肌ケアをする

今はサプリメントが大変普及しています。いろんな目的にあったサプリメントが出回っています。そんな中、日焼け後のケアに効果があるものがあります。特におススメしたいのが「プラセンタサプリ」です。

 

プラセンタは今、その高い保湿力故に、美肌のための成分として大変注目されている成分です。このプラセンタには、また抗酸化作用があり、シミの原因であるメラニン色素の働きを、活性酸素を取り去ることでメラノサイトへの刺激を防ぎ働きを止めます。

 

また美白効果のあるビタミンCとも相性がいいと言う点も注目したいところです。この他、ヒアルロン酸、コラーゲンなどとも合わせて摂ることで相乗効果が発揮されます。肌のターンオーバーが促進されて、尚美白に近づけてくれます。日焼け後の肌に付けることで、色素沈着を防ぎ、美白にしてくれると期待されています。プラセンタの他にも肌に有効な成分が入ったサプリメントがいくつも販売されています。

 

これらサプリメントの大きなメリットは、なんでしょうか。ます手軽に飲むことができること。そして、効果的にケアできること。また、肌が弱い人や敏感肌の人にも関係なく、サプリメントを飲んで体の内側から美肌ケアができることが挙げられます。ただ、人により得られる効果の程は違います。それは体質にもよるので仕方がありません。

 

自分に合ったサプリメントを選ぶことが大事になってきます。また、サプリメントだけで美肌はできません。美肌化粧品も使用しながら、サプリメントを飲むことでWケアをし、効果を得ることを考えましょう。また、普段の生活も肌に負担をかけないようにすることも大事です。特に食事と休息は肌にとってとても大事な事です。サプリメントに頼り過ぎないことが重要なのです。

美肌を目指す女性のためのコラーゲン

日焼け後に気をつけること

日焼けをしてしまうと肌には相当なダメージを受けてしまいます。大切な肌は荒れてしまい、美肌とは程遠い状態になってしまいます。日焼けは火傷と解釈してもいいでしょう。日焼けしないようにする工夫から始めましょう。しかし、一切紫外線を避けることは不可能に近いことです。生活する中で、どうしても紫外線を浴びてしまうものです。

 

そこで、しっかりとした日焼け後の肌ケアが必要になります。まずはいち早く日焼け後のほてった肌を冷やすこと。炎症を鎮めること。そして水分を補給すること。保湿も大事です。そして美白化粧品などで、対応すること。このよなことで、日焼け後の肌はダメージから回復し、美肌を保ち、また美肌に導いてくれるのです。日焼けは肌に大変悪影響を与えます。肌をケアする中で、タブーなことがあります。以下、詳しく解説しますので、極力しないように注意してください。

 

○アルコールの過剰摂取・・・海や山でのレジャー。そんな場面では、ついついアルコールをたくさん飲んでしまします。バーベキューなどでは特に飲む機会が多いことでしょう。日焼けをしてしまうと、肌は乾燥しますから水分補給が重要になります。そんな時に、ビールなどで水分を多く摂ると、逆に水分不足になってしまいます。アルコールは利尿作用がありますから、飲むほどに体内の水分を体外に排出してしまいます。必ず水を飲むようにしましょう。

 

○日焼け後にむけてきた皮を無理矢理はがすこと・・・日焼けした後の皮膚は痒くなるものです。そこで掻いてしまったり、無理やり剥がしてしまうことは、まだ下に再生されていない肌を傷めてしまいます。自然に皮が剥がれるまでそのままにしておくことが大事です。

 

○再び日焼けすること・・・日焼けした肌は火傷しているのです。そこへ更に日焼けをすることは、肌に更にダメージを与えることになります。

 

日焼け後は特に紫外線対策をしっかりと行わないといけません。また注意しないといけないのが、日焼け後の肌に、日焼け止めクリームを塗ることです。これは刺激が強すぎるため、避けるべきです。日傘、帽子などで紫外線対策を行うようにしましょう。
日焼け後は、正しい肌ケアを直ぐにすることで、その後の美肌に繋がっていくのです。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ