「馬油」の日焼け後肌への効果

「馬油」は火傷に効果のある油として古くから使われてきました。

最近は、温泉施設などでシャンプーとしても使われています。ドラッグストアでも販売されるようになってきました。そんな「馬油」ですが、日焼け後の肌にも効果があるのです。もともと
日焼けも軽い火傷ですから、日焼け後の肌につけるのも理に適っています。実際日焼け後のほてった体で痛みを伴うような場合に、馬油を塗れば肌の炎症を抑えてくれます。ただ、
塗ってすぐに痛みがなくなるような即効性はありませんが、馬油のもつ保湿力は日焼け後の肌に大変効果的です。日焼け後の肌に油分を与え、潤しますから肌の乾燥を防ぐことができるのです。「馬油」の最大の魅力はなんといっても成分が天然と言う事でしょう。誤って口に入っても心配ないのです。こんな「馬油」は、人間の肌の脂に近い成分ですから、肌に大変馴染み、そして浸透していきます。化学成分が入った美白化粧品を嫌な方にはお勧めです。この「馬油」を日焼け後の美白ケアとして使うには以下のようにするのがいいでしょう。まずは、肌のほてりを抑える化粧水をたっぷりと与えて肌を冷やし保湿します。
その後に「馬油」をたくさん塗るのです。「馬油」は固形油の状態ではありますが、肌につけると体温で溶け皮膚にすぐに浸透していきます。
もともと、にきび、アトピーなど肌トラブルに悩む人にもよく使われてきたものですから、日焼け肌にも効果が期待できるのです。特に肌の乾燥が気になる人は、化粧水の後、乳液替わりに使うといいでしょう。「馬油」を軽くマッサージをしながら肌になじませていきます。そうした後に化粧水をつけると、馬油のもつ高い浸透力によって、いつもよりも肌に化粧水が浸み込んでいくのを実感できます。このような美白化粧品をW使いすると、普段よりも化粧品の成分の浸透力がアップするでしょう。天然成分でえすから肌の弱い方にもおススメです。一度試してみてはいかがでしょうか。

⇒馬油シャンプーの口コミについてはコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ