美白化粧品を選ぶ

美白化粧品を選ぶ

日焼けのシーズンになると、特に肌に関して敏感になりますね。今まではそんなに美白という事を意識していなくても、美白な肌を保てていたのに、夏が近づいてくると、今までのようにはいきません。しっかりと美白化粧品を使わないといけなくなります。美白化粧品には2つのタイプあります。
「予防型」とそして「漂白型」です。これは字の通り、日焼けをして
シミができてしまわないように予防するタイプを「予防型」と言います。それに対して、
日焼けして、既にできてしまったシミをできる限り薄くしていくタイプが「漂白型」なのです。まずは「予防型」の美白化粧品を使います。

 

予防型の美白化粧品というのは、肌にやさしい成分が多いです。今話題の成分のプラセンタ、そしてビタミンC誘導体、アルブチンなどが含有されています。日焼け後のシミの原因となる物質のメラニンの生成を抑えるために、「予防型」の美白化粧品は普段から付けるようにしたいものです。紫外線は夏だけでなく、一年中あるわけですから、これは外出するのであれば、季節を問わずに必ず出かける前に付けるようにしましょう。そして「漂白型」の美白化粧品です。これはすでに出来てしまっているシミなどに効果を発揮する化粧品です。また日焼けをしてしまった後に細目に使うとその後の美白に効果を挙げますから、常に用意しておきたいものです。外出から帰ったら、必ず使うようにしましょう。「漂白型」の美白化粧品は、美白作用の高い成分が使われています。代表的な成分が「
ハイドロキノン」です。これは、皮膚科で処方されるシミの治療薬と同じものなのです。医療機関が使うほど
美白効果が絶大で、大変威力がある成分です。これは、
シミの原因のメラニン、そしてメラニンを生成する細胞自体までを減らすほどの効果があるのです。効果が高い故に注意も必要です。5%以上の高濃度配合されたものは、肌に負担が掛かり過ぎるのです。日焼けしてしまったからと、濃度の高いものを無理に使うと、逆に肌荒れ、白斑などの副作用がでる心配があります。ですから5%以上配合されているものは使わないようにしなければいけません。1%〜2.5%の濃度のものを使うようにしましょう。「予防型」そして「漂白型」どちらも選ぶ際には、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。それが一番大事なことです。

ビタミンC含有の美白化粧品

日焼け後の肌ケアはその後の肌にとりとても大事なことです。必ず、そして確かに行いましょう。そしてその時に使う化粧品にも十分配慮が必要です。日焼けしたばかりの肌は所謂焼けどした状態です。肌は紫外線により相当なダメージを受けてしまっています。そんな時に刺激が強い化粧水を使うのは避けるべきです。できるだけ敏感肌用の、マイルドな化粧水をつけるようにしましょう。
日焼けの炎症を鎮め、水分も十分補給し、しっかりと保湿ができたら、美白化粧品を使うようにします。紫外線をうけていますから、メラニンを作らないように、またメラニンを破壊するような働きのある美白化粧品を使います。そしてシミにならないようにケアするのです。
スキンケアに美容液を加えるのもいいでしょう。実は
美容液というのは、乳液などよりも成分濃度が濃いのです。ですから肌への効果を実感しやすいという利点があるのです。そして美白化粧水を選ぶ際には、
ビタミンC誘導体が入ったものを選ぶようにするといいでしょう。ビタミンCには、
シミができる原因のメラニンを作らせない働きがあります。ですから日焼け後の肌には大変効果的なのです。ですから日焼け後に使うスキンケアのアイテムには、できるだけビタミンCが含有されているものを選びたいものです。例えば化粧水にもビタミンC誘導体が入っているものがあります。そういったものを探してみましょう。ただし、いくらビタミンCが入ったいるからと購入しても、自分の肌に合わないことには意味がありません。できれば使う前に、バッチテストを行ってから使うようにするといいでしょう。また、
普段の肌状態では大丈夫だったとしても、日焼け後の肌は刺激を感じてしまう可能性もあります。また、腕や手に付けて大丈夫でも、顔につけると刺激を感じてしまう事もあります。
使ってみて少しでもおかしいと思ったらすぐに使うのをやめましょう。自分に合った化粧品であり、かつビタミンCが入ったものを購入するようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ