日焼け後の保湿ケア

保湿ケア

日焼けをしてしまった肌のケアは直ぐに行いたものです。まずは冷やすこと。日焼け後の肌は、軽い火傷の状態になっています。冷やして肌の熱を冷まします。その後には、たっぷりの水分を肌に補給します。日焼け後の肌は、乾燥していますので、水分を与えなければいけません。そうした後に、クリームなどで蓋をする。この一連の流れのケアが重要になります。
保湿は美白にとっても重要なことです。日焼け後の保湿には「保湿マスク」がおススメです。

 

マスクにローションを浸し、肌にのせ5分ほど放置し、肌に保湿をします。この時に使うローションはできるだけ高保湿なローションを使うほうがいいでしょう。ただし、日焼け後でヒリヒリとしている時には、敏感肌用の低刺激なローションを選んで使いましょう。保湿マスクは日焼け肌のケアをしてくれます。
マスクをとったあとには、肌が水分でしっとりするくらいに、またはそれ状に、べたべたになるくらいクリームを塗ってカバーをするといいでしょう。優しく擦りこんでいきましょう。決してこすってはいけません。肌は相当なダメージを受けている状態ですから、優しく扱うことが大事です。最近は、保湿マスクもいろんなものが販売されています。中には

 

美白成分をすでにしみこませたフェイスマスクも発売されています。日焼けしたその日のスペシャルケアに使うといいでしょう。

 

日焼け後の保湿ケアが一段と出来ることでしょう。

 

肌が乾燥しないようにするために、「ワセリン」を使う人もいます。少しベタベタしますから、顔や手などにはおススメしませんが、背中、腕、足などの保湿にはおススメしたいです。ワセリンはアトピーなど敏感肌の人にも使えますから、一度試してみるといいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ